犬の白内障の治療方法

 

犬の白内障の特徴

犬を飼っている方は、日頃から愛犬の白内障ケアをしていますか?犬も7歳を過ぎるとシニア犬になり、様々な病気にかかりやすくなります。白内障は老犬の病気の中でも最も多く、年齢のせいで仕方がないと諦めているオーナーさんも少なくないようです。

しかし、実は白内障だからといって諦める必要はないのです。まず、犬は家庭内で生活するため、障害物も少なく慣れた環境であるため、生活に支障が出にくいという部分があります。そして、白内障を治すのにも手術や点眼など方法はあります。しつけやコミュニケーションを人間とアイコンタクトでする事から考えれば、目が見えるという事は犬にとっても重要な事です。

治療の段階で犬にかかる負担

しかし手術は、高齢の老犬にとってかなり負担がかかります。命を落とす危険性も、ないとも言えません。事前に念入りな検査が必要となってきます。また、白内障の手術は全ての獣医さんが出来るわけではないのです。ですから、目を専門に診てくれる獣医さんを探す必要があります。

ここでデメリットなのが手術の費用です。金銭的な負担はとても大きくなり、地域や病院などにもよりますが高いところだと25万円以上かかる場合もあります。

白内障は、放っておいて自然に治るものではありません。そのうえにどんどん進行していってしまうものです。何より白内障になってから手術をするとなると、色々な負担がかかります。一番良い方法は、白内障になる前に点眼薬で予防する事です。今では、白内障を予防や治療する良い点眼薬があります。

真っ白になった目を完全に元に戻すには時間もかかり、また犬によって差もあるので、効果を感じにくい場合もあります。ですが効果をしっかり感じているオーナーさんも多く、実際に白く濁っていた目がどんどん透き通り元通りになったという喜びの声も沢山あります。

 

犬の白内障治療の詳細

早いうちから愛犬の白内障を予防しておく事で、生涯白内障にならずに済むケースもあります。若干眼球が白くなったと感じたら、すぐに点眼を始めましょう。日々のケアが愛犬の目の症状に大きく影響してきます。

そして、犬の白内障の具体的な治療の話ですが、犬の場合は全身麻酔で、入院が必要です。人間の病院と違い、動物病院は専門分野でわかれているところが少なく、総合的な診療をする病院がほとんどです。

ですが獣医にも得意分野や苦手分野があり、診断は出来ても手術が出来なかったりする事がよくあるようです。

ですから、自分の愛犬が重度の白内障に進んでしまわないうちに白内障に特化した獣医さんを探しておくと良いでしょう。

 

愛犬の白内障の治療ならドッグクララスティルへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です