肝硬変の治療について14歳のポメラニアンのことで相談します。よろしくお願いします。7月中旬から食事の量…

肝硬変の治療について14歳のポメラニアンのことで相談します。よろしくお願いします。7月中旬から食事の量が減ってしまい、体重が減る一方で、かかりつけの獣医に相談したところ、『夏バテだと思う』とのことで様子見をしていました。しかし、どう見ても元気がなく、一口も食事を受け付けない日も出てきたため、別の病院でみてもらいエコーと血液検査、レントゲン、尿検査をしてもらったところ、『肝硬変の末期で、低血糖状態で危険な状態』と診断されました。肝臓は普通の犬の2/3程度の大きさまで委縮しているようで、胆のうが肥大しているとのことでした。また、腸にも何か異常があるようで、吸収不良を起こしているそうです。素人見では、食事は摂りたくないといった様子と、だるいのか一日のほとんどを寝て過ごしています。外でトイレをしますが、歩くのもふらついてしまっていて、あまり自分で動こうとはしません。ここ10日くらいで急に元気がなくなってしまいました。肝硬変は完治しないといろいろなサイトを見て知りましたが、本当に治療効果があるのでしょうか?突然告知されて動揺してしまっています。食事は、市販のドライフードをお湯でやわらかくしたものを手で与えています。食べる量は1日で10~15gです。肝臓サポートの食事に変えた方がいいのでしょうか?食事が摂れないので、ここ1カ月くらいでフードをけっこう替えてしまっているせいか、一回食べたものは2度目はなかなか口に入れません。こういうときはどうしたらいいかも教えていただけると助かります。よろしくお願いします。

手作りでおじやを作ってあげて下さい。肉類(レバー含)、魚類(煮干し含)、野菜類、サツマイモや白米、などの材料を小さく切っておじやを作ってあげて下さい。少量ですが、糖分、油分(植物油)なども必要です。参考までに。あい動物病院http://www.k5.dion.ne.jp/~ai.a.hsp/index.htm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です