愛犬が前十字靱帯断裂と診断されました。手術をうけるべきかどうか悩んでします。同じキャリアをお持ちの方、…

愛犬が前十字靱帯断裂と診断されました。手術をうけるべきかどうか悩んでします。同じキャリアをお持ちの方、専門知識をお持ちの方、教えてください。体重3.6キロ、6歳のチワワです。4日前、椅子に座ってひざで抱っこしていたところ、外の犬の声に興奮し自ら飛び降りた拍子に右後ろ肢を痛めてしまいました、私の不注意でした。もともと右後ろ肢の膝のお皿が常にはまっていない、という子でしたので小さいころからよく関節が外れ、そのたびに病院ではめてもらうということがよくありました。今回もそうだと思って病院へいったので、断裂と聞いた時はショックでした。2軒まわって同じ診断でした。我が家では3頭チワワを飼っています。半年ほど前、今回の子ではない子に歯石除去を受けさせたところ、翌日全身が痙攣、立つこともできず、舌を出しよだれを垂れ流し、水も飲めず目もうつろな状態になりました。死を覚悟しました。病院は最後まで認めてくれませんでしたが、全身麻酔の副作用と思われました。その後1週間かけて栄養剤治療をし、奇跡的に回復しました。小さな犬にとって全身麻酔というものがどんなに体の負担になるか思い知らされました。そんなことがあり、どうしても手術に踏み切れないのです。もちろん今回は他の動物病院を探しました。費用は入院含め10万円、待つことなくすぐに受けられます。良心的な価格と思いますので問題ありません。質問1:体重が軽い子の場合、保存療法という方法もあるようですが、完全に断裂している場合でも適用できるのでしょうか。質問2:びっこはひいているものの、右肢を全く着けないわけではなく走ることもできています。このままでも今までとさほど変わらない生活ができそうですが、やはり手術をしなければ悪化するのでしょうか?質問3:手術をした場合、今までと全く同じように走れるようになるのでしょうか。またそうなるにはどれくらいの期間リハビリが必要なのでしょうか。手術をしたから肢が良くなった、ということは犬には理解できないと思います。手術して入院するということは犬にとってはとても恐ろしいキャリアとなり、心に大きな傷を負うのではと考えてしまいます。どなたか、ご意見ください。よろしくお願いいたします。

診断が正しければ、その体重なら保存療法でも大丈夫です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です