犬の白内障の治療方法

 

犬の白内障の特徴

犬を飼っている方は、日頃から愛犬の白内障ケアをしていますか?犬も7歳を過ぎるとシニア犬になり、様々な病気にかかりやすくなります。白内障は老犬の病気の中でも最も多く、年齢のせいで仕方がないと諦めているオーナーさんも少なくないようです。

しかし、実は白内障だからといって諦める必要はないのです。まず、犬は家庭内で生活するため、障害物も少なく慣れた環境であるため、生活に支障が出にくいという部分があります。そして、白内障を治すのにも手術や点眼など方法はあります。しつけやコミュニケーションを人間とアイコンタクトでする事から考えれば、目が見えるという事は犬にとっても重要な事です。

治療の段階で犬にかかる負担

しかし手術は、高齢の老犬にとってかなり負担がかかります。命を落とす危険性も、ないとも言えません。事前に念入りな検査が必要となってきます。また、白内障の手術は全ての獣医さんが出来るわけではないのです。ですから、目を専門に診てくれる獣医さんを探す必要があります。

ここでデメリットなのが手術の費用です。金銭的な負担はとても大きくなり、地域や病院などにもよりますが高いところだと25万円以上かかる場合もあります。

白内障は、放っておいて自然に治るものではありません。そのうえにどんどん進行していってしまうものです。何より白内障になってから手術をするとなると、色々な負担がかかります。一番良い方法は、白内障になる前に点眼薬で予防する事です。今では、白内障を予防や治療する良い点眼薬があります。

真っ白になった目を完全に元に戻すには時間もかかり、また犬によって差もあるので、効果を感じにくい場合もあります。ですが効果をしっかり感じているオーナーさんも多く、実際に白く濁っていた目がどんどん透き通り元通りになったという喜びの声も沢山あります。

 

犬の白内障治療の詳細

早いうちから愛犬の白内障を予防しておく事で、生涯白内障にならずに済むケースもあります。若干眼球が白くなったと感じたら、すぐに点眼を始めましょう。日々のケアが愛犬の目の症状に大きく影響してきます。

そして、犬の白内障の具体的な治療の話ですが、犬の場合は全身麻酔で、入院が必要です。人間の病院と違い、動物病院は専門分野でわかれているところが少なく、総合的な診療をする病院がほとんどです。

ですが獣医にも得意分野や苦手分野があり、診断は出来ても手術が出来なかったりする事がよくあるようです。

ですから、自分の愛犬が重度の白内障に進んでしまわないうちに白内障に特化した獣医さんを探しておくと良いでしょう。

 

愛犬の白内障の治療ならドッグクララスティルへ

近所ののら猫についての相談です。近所の家に餌をもらっている猫がいます。1週間前位から怪我をしていて、…

近所ののら猫についての相談です。近所の家に餌をもらっている猫がいます。1週間前位から怪我をしていて、右目がとびだしてかさぶたのようになっています。左目もくっついて開いていない状態です。とても痩せていてぐったりしています。昨日、その家の人と話す機会があったのですが、その猫は1年位前から現れたとの事。そのお宅は先住猫が2匹いるため、家の中では飼うことはできないそうです。1週間くらい姿が見えなくて、久しぶりに現れたときには泥だらけで目を怪我していたそうです。病院にも連れて行って相談したとの事ですが、飼えないなら野良猫のためにならないと治療を断られたとの事です。餌も食べることができなくて、牛乳しか飲めないようです。昼間はその家の敷地内にいたり、夜になると近くの道路沿いに横たわっています。声をかけるとよたよたしながらでも鳴いて寄ってきます。とても人懐こいので飼い猫だったのだと思います。このまま放置するしかないでしょうか。さっき見に行ったら蟻がたかっていました。私は犬を飼っているため、猫を飼うことはとても難しいです。病院に連れて行ったとしてもかなりの治療費がかかると思いますし、もし治療できたとしても飼う事はできないし、片目がつぶれた状態では里親も見つかるとは思えません。日に日に弱っていく猫をみてどうしようもできない自分が情けないです。

見殺しにするか助けるか、あなたの心次第だと思います。もし私があなたと同じ条件なら、餌をあげている家の人に病院で必要となる代金を折半してくれるよう説得します。そして、自分でその猫を治療してくれる動物病院を探し出します。野良猫の為にならない?と重篤な状態の猫を治療してくれない病院なんてはじめて聞きました。餌をあげている家の人は本当に病院に連れて行ったのでしょうか?分割支払いに対応してくれる病院も多いですし、これから先どうするかは命が助かってからでも考えられます。今は、死にかけている猫をとりあえず助けるのが先決では無いでしょうか?まず今消えるかも知れない命を助けたいし、それに見殺しにしてあとあとずっと苦しむのは嫌なので、私なら助けます。助けてやってください、お願いします。

肝硬変の治療について14歳のポメラニアンのことで相談します。よろしくお願いします。7月中旬から食事の量…

肝硬変の治療について14歳のポメラニアンのことで相談します。よろしくお願いします。7月中旬から食事の量が減ってしまい、体重が減る一方で、かかりつけの獣医に相談したところ、『夏バテだと思う』とのことで様子見をしていました。しかし、どう見ても元気がなく、一口も食事を受け付けない日も出てきたため、別の病院でみてもらいエコーと血液検査、レントゲン、尿検査をしてもらったところ、『肝硬変の末期で、低血糖状態で危険な状態』と診断されました。肝臓は普通の犬の2/3程度の大きさまで委縮しているようで、胆のうが肥大しているとのことでした。また、腸にも何か異常があるようで、吸収不良を起こしているそうです。素人見では、食事は摂りたくないといった様子と、だるいのか一日のほとんどを寝て過ごしています。外でトイレをしますが、歩くのもふらついてしまっていて、あまり自分で動こうとはしません。ここ10日くらいで急に元気がなくなってしまいました。肝硬変は完治しないといろいろなサイトを見て知りましたが、本当に治療効果があるのでしょうか?突然告知されて動揺してしまっています。食事は、市販のドライフードをお湯でやわらかくしたものを手で与えています。食べる量は1日で10~15gです。肝臓サポートの食事に変えた方がいいのでしょうか?食事が摂れないので、ここ1カ月くらいでフードをけっこう替えてしまっているせいか、一回食べたものは2度目はなかなか口に入れません。こういうときはどうしたらいいかも教えていただけると助かります。よろしくお願いします。

手作りでおじやを作ってあげて下さい。肉類(レバー含)、魚類(煮干し含)、野菜類、サツマイモや白米、などの材料を小さく切っておじやを作ってあげて下さい。少量ですが、糖分、油分(植物油)なども必要です。参考までに。あい動物病院http://www.k5.dion.ne.jp/~ai.a.hsp/index.htm

膝の痛みについてお尋ねします。4?5年前から、朝1番の自宅の階段を降りる時に膝の痛みを感じていまし…

膝の痛みについてお尋ねします。4?5年前から、朝1番の自宅の階段を降りる時に膝の痛みを感じていましたが、1度動いてしまうと痛みは感じ無きなり、病院で診察を受けずにいましたが。最近は、座って立ち、階段の登り時に痛みを感じ、整形外科で検査をしましたが、レントゲンには異常なしで、年齢的と・・・でも痛い為2件目の医院でも同じ診断で、治療なしです、異常なしは嬉しいことですが、痛みがありのは、年齢ね…納得できず、ホームドクターに話すと、膝に注射ヒアルロンを注射してもらっていますが。1週1回の5回注射するそうですが。確かに、痛みは未だ残っていますが、少し楽になりました。、動かす事は良いと聞き。以前から週3回2時間程ダンスは、続けています。天候の良い日は犬の散歩のんびり歩きですが、30分程しています、注射を3回しましたが、未だ残る痛みを、今後も続くのでしょうか。最近は先生も年齢的?と良く言われますが…最後に成りましたが、68歳です。アドバイス宜しく御願いたしま

異常がないのなら筋力バランスじゃないでしょうか?バランス崩れればレントゲンで異常が出るはるか以前から痛みが出ますよ。変な例えですが、柔道の関節技きめられたら切れたり伸びたりしてなくてもかなり痛いですよ(^_^;)で冷やしてシップして2?3日もすれば痛みもおさまりますが。病院で異常なしと言われたのであれば、そういう『ただ痛いだけ』なんだと思います。ただし慢性的に。例えば、部分的に筋力が弱ることでストレスが強くかかるところがある。広い意味で姿勢の崩れ。散歩やダンスなどの運動も、バランス崩れた姿勢ではストレスを与えかねません。ウォーキングの一歩一歩が関節技のような。筋力弱ってるから運動・筋トレを、と一言で簡単に運動をすすめる医者もいますが、『正しいフォーム』で運動することはそう簡単ではないですよ。ただ歩くだけでも。河川敷などで、ウォーキングしてる方もよく見かけますが、結構フォームが…(^_^;)無闇に大股歩きしていかにも膝痛めそうだなあなんてこともありますし。多分『できるだけ大股で歩きましょう』なんて記事を見かけて鵜呑みにしちゃったんだろうな、と。『できるだけ』というのは自身の柔軟性・筋力と折り合いのつく範囲でというのが正確な意味ですが、勘違いして『めいっぱい』伸ばしちゃってる人もいるということ。質問者さんの歩き方を見たわけじゃないので大股が原因かどうかなんて分かりませんが、そんな些細な間違い・癖でも、毎日歩いてれば毎日痛みを発生させる原因にもなる、ということです。癖は、例えば10年前の捻挫以来足が開いてたことに気付いていなかった、なんてのもありますよ。で、5年10年かけて膝痛・腰痛をやりました(^_^;)自分の話しです。そういう負傷歴も言い方変えれば年齢的(生きてキャリアしてきたことの積み重ね)ともいえるので、医者もズルいですよね(笑)

再々投稿)下痢が続く小型犬です。便の量も多く、血便、ゼリー状の便も出ています2度下痢について投稿させ…

再々投稿)下痢が続く小型犬です。便の量も多く、血便、ゼリー状の便も出ています2度下痢について投稿させていただきましたが、御回答くださった方有難うございました。6月末から下痢が続く愛犬が心配で仕方ないですが同じ症状になった犬の飼い主さんはおられませんか?1度目は越した先で一番近い病院便検査2度目は評判の良い名医のいる病院(1?2時間待ち、治療費支払まで3?4時間は普通\看護師さんが診られました)血液検査エコー検査便検査何かの注射2本3度目は前に住んでいたところで0信頼のおける病院便検査をして頂きました一度目の病院で便に沢山の悪い菌が繁殖してこれが悪さをしているとの診断でした2軒目以降では便検査していただきましたが特に問題なかったようで結局夏バテのようなもので病気でもないということで抗生物質下痢止め整腸剤を処方されますこれを飲ませている時は初めは収まっていましたが段々抗生物質もきかなくなり飲ませている時も血便ゼリー状の便が出ることもありますそれでも当初のひどい下痢状態は落ち着き以前よりは大量の便がでること便が柔らかくお尻が汚れること固まりが出た後汁のような便が点々と落ちる位になりました食欲もあり元気もよく体重も落ちていませんが一か月半も軟便血便ゼリー状の便が続くのでまともな健康状態ではないと思いますが明確にこれが病名だというものがないので余計心配です。今日も元気で庭で遊びご飯もよく食べました元々ブリーダーからの迎えるときも兄弟犬が先に貰われていったというだけで下痢がでて引き渡しが伸びました。ブリーダー曰く兄の方が丈夫で弟であるうちに来た子は多分弱い子で色々問題が出てくるだろうし長生きできないから譲れないと言われた子でしたが理由あり無理やり頼み込んで迎えた子です。色々手がかかった分なるべく健康で良い環境で長生きさせてやりたいと思いますがこんなことにさせてしまい申し訳ない気持ちでいっぱいです。午後から病院に行く予定ですが抗生物質をこのまま飲ませ続けても大丈夫でしょうか?悪い菌が出て行かないとのことで飲ませていませんでしたが下痢止めも飲ませた方が良いでしょうか?

動物を実際に見ていませんから、確たることは言えませんが、ご記載の内容では膵外分泌不全(EPI)を疑える要素はほぼありません。そもそも、EPIは血液検査で引っ掛かってくる項目がないので、どちらかと言うと糞便検査を行うことが有用だと思います。一応speccPLかTLIを測定することで疑えますが、膵炎併発の場合は判断できません。抗生剤に反応したと言うことであるならば仮診断はAREとして治療を進めているのだと思います。もともと虚弱なところがあるということでしたので、何らかの基礎疾患を有しているのかもしれません。この場合はAREの治療は長期にわたる治療になります。このため下痢止めはあまり使わない方がよいかと思います。お話を総括しますと、1.治療の方向としては現時点では間違えている様子はない2.抗生剤は投与していていいが、下痢止めは余程ひどい時でない限り服用は避けた方がいいということです。後は飼い主さんの方で出来る作業ですが、1.低アレルゲン食はありますか?AREやIBDでは抗生剤と共に高品質の低アレルゲン食を与えることで下痢が改善されることがあります。もし無ければ病院でサンプルを頂いてみるのも手でしょう。確かスペシフィックならCDW、ヒルズならz/d、ロイヤルカナンなら低分子プロテインだったでしょうか。2.食事はまとめ買いしていませんか?また暑いところに長期間おいていませんか?長期保存をした食事は変敗(特に脂質)をします。安いと思って大量買いをすると、その食事で次第に下痢をしていく子が時々います。3.心配して食事をちょくちょく変えていませんか?急激な変更はその中に含まれている物質に対応する消化酵素の準備が出来ず下痢を誘発することがあります。動物には栄養バランスさえ取れていれば毎日同じ食事の方が都合がいいんです。とまあ一気に書きすぎましたが、こんなところです。もし更に検査をしたい場合はアレルギー検査をして頂くといいかもしれませんね。それでは元気になることをお祈りしておきます。

犬と私を助けてください。チワワの♀2匹(1歳、11ヶ月)チワワの♂(9ヶ月×2)ダックス♀(11ヶ月)の計5…

犬と私を助けてください。チワワの♀2匹(1歳、11ヶ月)チワワの♂(9ヶ月×2)ダックス♀(11ヶ月)の計5匹飼ってるのですが、質問させてもらいます。昨日、ダックスと♂のチワワが交尾をしてしまいました。ダックスは避妊手術をする予定でしたが、4月に遺伝的に皮膚が弱く、治療するために延期。4月の終わり、1回目の生理がきました。7月の終わりに避妊手術をする予定でしたが、ホルモンバランスがおかしいらしく、2回目の生理が来てしまい手術は、お盆明けになりました。本題に入りますが、私の家は、ゲージで飼っていて夜と朝に5匹一つの部屋に集めて30分ほど遊ばせます。昨日は、私は外出していて妹が5匹見てました。(いつも私か妹一人で見ます)一匹がトイレを外したので、拭いてる途中に交尾をしてしまったそうです。質問したいのは・子供はできるのか、またできてたらいつ頃わかるのか。・避妊手術をしても、2,3年子供を産まない犬より長く生きられるのか。です。チワワ♀と♂の4匹で子供を作る予定だったのですがダックスが交尾をしてしまい、正直戸惑っています。それ以降、オスのちわわをみたくありません。こちらに来ても、冷たい態度をとってしまいます。私は一番ダックスが好きなので、(チワワは家族が選んだ)犯されたことに、泣きたくなるし、自分も傷つきたくなります。もう、辛いです。起きてしまったことですが、くいばかりしてしまいます。愚痴になってしまいましたが、これから、オスのチワワとどう接すればいいのか。というのも、教えてくれたらと思います。お願いします。

1回交尾したから必ずできるわけではありませんようちの犬も5.6回してもできませんでした発情期のうちは必ずバラバラにしてください♀の子が生理きたら別々にする、という意識はつけてください基本、♂だけが発情期のときは♀は拒否します今回のことは仕方がないことですチワワの子を責めないであげてくださいみんな平等に可愛がってくださいね>避妊手術をしても、2,3年子供を産まない犬より長く生きられるのか。この質問についてですがうちでは計三匹の犬がいます雑種犬♀が避妊手術をしていますが、今14、元気に過ごしています問題ないと思いますよーッ犬の寿命は環境によってほんとに変わります20年近く生きれば、10年もいかずに死んでしまったのもあります食べるエサの栄養分で左右されます参考にできるかはわからないですが・・では、頑張ってくださいね!

【至急!】犬が轢かれました・・・私の親戚のおじさん(60代私の祖母の弟)の飼い犬(メスで白い柴犬っぽい…

【至急!】犬が轢かれました・・・私の親戚のおじさん(60代私の祖母の弟)の飼い犬(メスで白い柴犬っぽい犬)が轢かれました。場所は私の家の前の道路です。犬の鳴き声と車のブレーキの音とがしたので、見てみると犬の左前足がブラーンとしています。しかし、おじさんは消えていました。そこで祖母が電話をすると、戻ってきてくれて、犬を連れてくかと思いきや呼ぶだけでほっといて祖母の畑を眺めていました。私は中学生の弟を連れ、おじさんに犬を連れてってくださいと頼むと、やっと犬の方に向かいました。祖母は迷惑そうに、抱きかかえていきなさい、とおじさんに言い、おじさんもそれに従って抱きかかえます。でも犬はおじさんに噛み付きました、折れた前足に痛みが走ったんだと思います。おじさんは犬や祖母に対し怒り、祖母も言い返します。犬は引かれてからずっと舌を出し涎をたらしながらハァハァ言ってました。とてもショックでしたし、弟も茫然としていました。おじさんは犬の首輪を掴み、引きずるように犬を持っていきました。私はおじさんの噛まれた所に消毒液かけたりしてやりました。けっこう血が流れていました。でも1時間すれば止まると思います。その後、おじさんはまた家にやってきて、酒を飲んでいきました。私は犬が心配で死んだらと思うと怖くて、お盆玉で3000円頂いたのですが、犬の治療代に使ってくださいと返そうとしました。でも受け取らないので帰る時に追いかけて、弟の分と合わせて6000円持って返しますと何度もしつこいくらい言っても受け取らず・・・今ネットで調べたんですが、やはり犬が引かれ骨折の恐れがあるならその日のうちに病院に連れて行くべきみたいです。こういう時なんの言葉もいえない父親にも、おじさんを叱りながらも酒を出す祖母にも不信感を抱きました。何より、中学生の弟が犬の叫び声やおじさんの噛まれたときの血、自分本位で動物のことをなんとも思ってないような大人たちのやり取りを目の当たりにして、悪影響がないか心配です。もし犬が死ねば、トラウマや大人たちへの不信感も深く刻み込まれると思います。思ってることを言わない弟なので、本当に心配です。又、犬の身体も心配です。リードも付けず、野放しで歩かせてたことが腹立たしいです。病院に連れて行くとは言ってたけど、昼間から酒を飲む酔っ払い親父のことです。ほったらかしてしまんじゃないかと思います。しかも彼は一人暮らしです。どうすればいいんでしょう・・

近くに動物病院はありますか?自分で動物病院につれていってみてはいかがでしょうか?お盆にせっかくもらったお小遣いですが、わんちゃんの為に使ってあげてください(;;)きっとわんちゃんも今つらい思いをしてると思います。まず、近くに動物病院があるか検索し、電話をかけてアドバイスをもらってください。どのように搬送すれば良いか、いくらくらい治療代がかかるか…。わんちゃんの容体が心配ですね…。

姑の食への執着についての質問です。同居している姑は数年前に糖尿病と診断され、投薬治療を受けています…

姑の食への執着についての質問です。同居している姑は数年前に糖尿病と診断され、投薬治療を受けています。現在78歳です。インシュリンは頑なにいやがっているのですが、主治医からは「これ以上数値が悪化したらインシュリン投与になります」と言われてはいます。また透析になるのも時間の問題とも言われてはいるのですが、本人に自覚がなく冷蔵庫のなかを漁っては食べます。もともと私は病院で調理師をしていた関係で、糖尿病レシピもあり、あまりに厳しいのも食べてもらえないので、味付けもさほど制限はせずに調整し、普通に満足できるように食べてもらってます。同じ食事内容で大食漢の夫が満足してるので、食事が足りてないことはないです。ちょっとごはんをよそりすぎては「ちょっと多いわー」と言われるので。ただなにか食べ物を目にすると口にしてしまうようで・・・お茶を飲むために冷蔵庫を開け、そのときに目に入ったゼリーやスイカ、チーズにハム、味付けしてあるおあげにさいきんでは犬用のビーフジャーキーまで手を出してました。きのうも親戚の人が私が留守の時に持ってきてくれたスイカをほぼ半玉一人で食べ、お中元にもらったくずきりも5つほど食べてありました。飲み物も夫が買ってきた炭酸飲料もあればあるだけ飲みます。冷蔵庫に入れないようにとか、買わないようにするのはちょっと無理ですけどこのままだとどんどん食いつくされるばかりで、体が心配です。さっきも夕食に作る予定で入れておいたお豆腐を2丁しょうゆをだぼたぼかけて食べられていました。「あれー?豆腐どこいったっけ」とひとり言言うと「あー。私食べたかわからんわ。暑くてひんやりしておいしいし」と言われました豆腐2丁て・・・食パンも一枚づつその都度出さないと一食で3枚、バター半箱使って食べちゃいます主治医の先生に診療の際に夫が報告して、注意してもらっても「おいしいもの食べて死んだらそれが一番だからいいのいいの」と聞きません。たしかに本人のこととはいえ、介護になったらたいへんなのは私ですし、なにより食材の管理がまったくできません。冷蔵庫にカギを勧められたのですが、それはさすがにひどいことしてる気がして気が進みませんどうにかして、姑に職への執着をなくしてもらうような説得というか説明の方法はないものでしょうか。一日4リットルのお茶を飲むので冷蔵庫の開け閉めも頻繁です。べつの冷蔵庫は置くスペースの問題もあり無理でしてあとはもっと自分のこととして向き合ってもらうしかないかと・・

姑さんは痴呆が入っていると思いますので何を言っても駄目のようですから冷蔵庫の中には必要最小限にして食事用の材料も大変ですが使う分だけを買ってきてから取り掛かるようにするしか方法は無いと思います。食べるものが無いなどと苦情も言われるでしょうが食べない様に先生に言われていると医師の責任にすれば良いです。この事は家族の皆さんが承知して行わないとうまく行きませんので協力をお願いしてください。

犬の角膜炎って何日くらいで治りますか?目にシャンプーが入ってしまって病院で治療はしました。

犬の角膜炎って何日くらいで治りますか?目にシャンプーが入ってしまって病院で治療はしました。

うちの犬は、高齢でもあったためか、半月くらいでした。

愛犬が前十字靱帯断裂と診断されました。手術をうけるべきかどうか悩んでします。同じキャリアをお持ちの方、…

愛犬が前十字靱帯断裂と診断されました。手術をうけるべきかどうか悩んでします。同じキャリアをお持ちの方、専門知識をお持ちの方、教えてください。体重3.6キロ、6歳のチワワです。4日前、椅子に座ってひざで抱っこしていたところ、外の犬の声に興奮し自ら飛び降りた拍子に右後ろ肢を痛めてしまいました、私の不注意でした。もともと右後ろ肢の膝のお皿が常にはまっていない、という子でしたので小さいころからよく関節が外れ、そのたびに病院ではめてもらうということがよくありました。今回もそうだと思って病院へいったので、断裂と聞いた時はショックでした。2軒まわって同じ診断でした。我が家では3頭チワワを飼っています。半年ほど前、今回の子ではない子に歯石除去を受けさせたところ、翌日全身が痙攣、立つこともできず、舌を出しよだれを垂れ流し、水も飲めず目もうつろな状態になりました。死を覚悟しました。病院は最後まで認めてくれませんでしたが、全身麻酔の副作用と思われました。その後1週間かけて栄養剤治療をし、奇跡的に回復しました。小さな犬にとって全身麻酔というものがどんなに体の負担になるか思い知らされました。そんなことがあり、どうしても手術に踏み切れないのです。もちろん今回は他の動物病院を探しました。費用は入院含め10万円、待つことなくすぐに受けられます。良心的な価格と思いますので問題ありません。質問1:体重が軽い子の場合、保存療法という方法もあるようですが、完全に断裂している場合でも適用できるのでしょうか。質問2:びっこはひいているものの、右肢を全く着けないわけではなく走ることもできています。このままでも今までとさほど変わらない生活ができそうですが、やはり手術をしなければ悪化するのでしょうか?質問3:手術をした場合、今までと全く同じように走れるようになるのでしょうか。またそうなるにはどれくらいの期間リハビリが必要なのでしょうか。手術をしたから肢が良くなった、ということは犬には理解できないと思います。手術して入院するということは犬にとってはとても恐ろしいキャリアとなり、心に大きな傷を負うのではと考えてしまいます。どなたか、ご意見ください。よろしくお願いいたします。

診断が正しければ、その体重なら保存療法でも大丈夫です。